top of page

供養の心

法華宗東北教区が発行するフリーペーパー「はすえみ」に、【供養】について法話を掲載いたしました。近年は少子高齢化により各所で「永代供養墓」が急増していますが、そこに供養の心はあるでしょうか?お墓は、単に遺骨を安置する収蔵庫ではありません。亡き人の命を供養するための祈りの場所です。


また法話の中では、令和元年9月に行われたJA山本葬祭センター主催による「人形供養祭」について取り上げています。当日は3,000体もの人形が寄せられました。

ご縁をいただき、感応寺住職がお経をあげさせてもらいました。物を大事にする心を表すのが供養という祈りだと思います。




0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月に感応寺では、終活講座を行いました。その中で取り上げた事例をこのblogでもご紹介します。 近年、家族や親族のあり方が変わってきています。ひと昔前であれば、冠婚葬祭は、血縁・地縁をフル動員して盛大に行ってきました。 ところが、この数年では「家族葬」に代表されるように、ごくわずかの身内で公にせずに葬儀を行う家庭の割合が増えてきています。また、夫婦だけや、単身者の世帯も増えたことにより、自身の死後

bottom of page