top of page

終活講座②「死後のことを誰にも頼めない」

 9月に感応寺では、終活講座を行いました。その中で取り上げた事例をこのblogでもご紹介します。


 近年、家族や親族のあり方が変わってきています。ひと昔前であれば、冠婚葬祭は、血縁・地縁をフル動員して盛大に行ってきました。

 ところが、この数年では「家族葬」に代表されるように、ごくわずかの身内で公にせずに葬儀を行う家庭の割合が増えてきています。また、夫婦だけや、単身者の世帯も増えたことにより、自身の死後のことを子供以外の親族に任すケースも見受けられます。


 ところが、お願いできる親族や身内がおらず困っているという方もいらっしゃいます。

しらかみ終活相談所 では、そんな声にお応えして、遺言や相続だけでなく、葬儀や納骨の代行サポートも行っています。

 先日には、生前からしらかみ終活相談所を通じて、葬儀・納骨を依頼された方がいらっしゃいました。その方が亡くなった際には、相談所の職員が家族同様に葬儀・納骨の法要を執り行いました。

 このように「死後のことを頼める身内がいない」とお悩みの方は、しらかみ終活相談所にご相談ください。お寺では、終活相談所や地域包括支援センターといった機関と連携して対応することもできます。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page