top of page

終活講座①「墓じまい」

 9月に感応寺では、終活講座を行いました。その中で取り上げた事例をこのblogでもご紹介します。

 少子高齢化や過疎化といった社会問題は、「我が家のお墓」にも深く関わっています。

『墓守をしてくれる跡継ぎがいないから、先祖の墓を墓じまいしたい』というお悩みは近年、増加傾向にあります。終活講座では、墓じまいの仕方。そしてかかる費用についてご紹介しました。

 

 下記の例は感応寺檀家のケースです。能代市営墓地に所有していた先祖の墓を撤去し、遺骨は感応寺共同墓へと改装しました。施主さんは、跡継ぎがいないので、自身が健康なうちにと墓じまいを決められました。

 霊園・寺院によって規約や慣習が違いますので、誰しもがこのケースと同様に墓じまいを行えるわけではありませんが、参考になればと思い掲載します。

 


※お墓の大きさによって解体費用が変動しますのでご注意ください。

#能代 #秋田 #墓じまい #共同墓 #供養 #合葬墓

0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月に感応寺では、終活講座を行いました。その中で取り上げた事例をこのblogでもご紹介します。 近年、家族や親族のあり方が変わってきています。ひと昔前であれば、冠婚葬祭は、血縁・地縁をフル動員して盛大に行ってきました。 ところが、この数年では「家族葬」に代表されるように、ごくわずかの身内で公にせずに葬儀を行う家庭の割合が増えてきています。また、夫婦だけや、単身者の世帯も増えたことにより、自身の死後

bottom of page