top of page

令和5年春・ペット墓建立予定

感応寺では、令和5年春にペット供養墓を建立します。

世界情勢による石材納期の遅れにより、建立が予定より遅くなりましたが、雪解けを待って建立工事をスタートします。


本日2月22日は、「猫の日」と言うことで、そのお墓に納めるための写経を拝写致しました。

動物供養塔を建立した僧侶が、自著に思いをこう記しておられます。

『我らの命の恩人である一切の生き物に対し、感謝を捧げ供養を捧げたいと思いこの塔を建てました。どうか「もの云わぬ生き物たちのために」香を焚き、水を供え、南無妙法蓮華経を唱えてその成仏を祈って下さい。」

お墓は単に遺骨を納めるための場所ではなく、感謝の気持ちを伝え、成仏を祈る場所です。



昨年に建立計画を発表して以来、「完成はいつですか?」と多くの方からお問い合わせをいただいております。完成までもうしばらくお時間を頂きますことをお許し下さい。

参考文献「思いだすままに」石田智清(非売品)「法華宗信徒必携」発行・法華宗宗務院 #ペット供養

#動物供養

#秋田

#猫の日

#能代



0件のコメント

最新記事

すべて表示